相続って何?

| 未分類 |

相続とは、亡くなった人の現金や預貯金、不動産や換金性の高い美術品や宝石などの財産を別の人が受け継ぐことをいいます。特別な場合を除いて、通常は亡くなった人の配偶者や子どもなどの家族や親族が受け継ぐのが一般的です。受け継ぐ財産には、資産などのプラスの財産だけでなく故人が抱えていたローンや借金なども負の財産として引き継ぐことになります。受け継ぐ財産のうち、資産よりも借金の方が多い場合は、受け継いだ人が故人にかわって返済をしなければいけません。この遺産を受け継ぐかどうかは選択することができ、放棄することも可能です。放棄する場合は、遺産を受け継ぐことが分かった時点で3か月以内に家庭裁判所に申請する必要があります。3か月を過ぎると、遺産を受け継いだとみなされて、放棄ができなくなります。財産を受け継ぐ家族や親族の順番は、民法で決められており、配偶者は必ず受け継ぐことができます。その次に故人と血のつながりがある実子と法律上の親子関係がある養子が第1順位となっています。分配方法も民法で定められており、子どもがいる場合は配偶者は財産の半分を受け継ぎ、残りを子どもで分割することになります。配偶者や子どもがいなければ、親や孫、兄弟に順番がうつります。