人が亡くなるとその人が所有していた現金や預貯金、不動産や株券などの有価証券、宝石や自動車などの換金性の高い遺品などは全て配偶者や子供などの血縁関係者に相続されることになります。しかし、遺産にはこのようなプラスの財産だけでなく故人が支払いきれていない借金などのマイナスの財産も含まれています。そのため、資産よりも借金の方が多い場合には、それを受け継いだ家族は借金を本人に代わって払う義務が生じてきます。しかし、このような借金などの負の財産を受け継ぐことによるデメリットを避けるために、財産を受け継ぐ権利をもっている家族には遺産を放棄する権利も認められています。放棄をする場合は、ほかの遺産を受け継ぐ家族の許可をうけなくても個人の判断で行うことができます。放棄をするには、遺産を受け継ぐことがわかった時点から3か月以内に家庭裁判所に申請を行わないといけません。3か月を過ぎて何も申し立てを行わない場合は、借金を含めた財産の全てを引き継ぐことを了承したものとみなされます。遺産を全て引き継ぐことを単純承認といい、一部のプラスの遺産だけを受け継ぐ条件付きのものを限定承認といいます。放棄は個人で申請できますが、限定承認の場合は遺産を受け継ぐ家族全員の承諾が必要となってきます。