相続が発生した場合には、まず相続人が誰になるかを調査して確定しなければいけません。相続人が1人でも欠けていると、遺産分割協議が無効になりますので、念入りな調査が必要です。相続人調査は、次のような手順で行います。
相続人の調査では、被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍調査を行います。まず、被相続人の最新の戸籍を取って、その内容を確認します。戸籍には、どこの戸籍から入籍があったかの記載がありますので、前の戸籍を取り寄せて調べます。
戸籍は、夫婦と未婚の子単位で作られ、載っている人が全員亡くなると除籍になります。戸籍原本の様式変更の際に、その当時有効な戸籍は新様式に作り替えられましたが、変更前の戸籍を改製原戸籍といいます。改製後の戸籍には、戸籍から除かれた者の記載はありません。
このため、過去に遡って調べる際には、除籍簿や改製原戸籍を取り寄せる場合もあります。被相続人の親が筆頭者となる戸籍まで、全て揃えなければいけません。市町村合併などで、今では存在しない地名が出てきた場合には、その戸籍を保管している役所を調べる必要があります。自分でやってみて分からない場合には、専門家に依頼することをおすすめします。