相続とは、人が亡くなった場合などに、亡くなった人の資産と負債を相続人が引き継ぐ制度です。一番多いのが、被相続人が死亡した場合で、その他には、家族などが失踪して失踪宣告を得た場合などにも相続が行われます。相続制度の趣旨は、亡くなった人が有していた資産や負債を生きている人が引き継ぐことで、周囲の権利関係の混乱を出来るだけ防ぐという点にあります。例えば、ある人に金銭を貸していたところ、その人が急な事故で亡くなってしまった場合などに、貸していた人が困らないようにするといった例があります。また、配偶者と共に住んでいた住宅の名義が亡くなった配偶者になっていた場合には、相続制度が無ければ遺された配偶者はその家に住み続ける法的な権利を失ってしまいます。相続制度は、そういった不都合を解決するという面も持っています。但し、相続をすることで、相続人が不利益を被ることを避けられるようにする為に、相続を放棄することも出来ます。例えば、亡くなった人が多額の借金を負っていた場合などです。こうした場合、放棄を選択すれば、借金を相続人が引き継ぐ必要はなくなります。もっとも、相続の放棄を選択する場合、法律関係の速やかな確定の為、定められた期間内に行う必要がありますし、亡くなった人の財産だけを相続して負債だけを放棄することは出来ません。