財産や借金などを持った人が亡くなると相続が発生し、遺産を相続するためには相続人全員の合意が必要なため、その相続人をきちんと確定しなければなりません。これを法定相続人といいます。
法定相続人を確定するには、被相続人の出生から死亡に至るまでの、正式な証明となる戸籍が必要となります。戸籍をたどることで、相続人に漏れがないようにします。必要な戸籍は「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」です。
被相続人の最期の戸籍を取り、内容を見ることから始めます。「改製」と書いてあれば「原戸籍」を取り、「転籍」とあれば除籍謄本を取る必要があります。「婚姻」があれば被相続人の父母の戸籍を取ります。
このように、被相続人の一生を調査することで、法定相続人とその順位の確定をしていきます。
相続において、兄弟姉妹や甥姪の相続が大変困難になります。被相続人と兄弟姉妹や甥姪の関係性を明らかにし、血縁つながりを証明するために被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍だけでなく、被相続人の両親の出生から死亡に至るまでの戸籍や、さらには必要になれば祖父母の戸籍も取得し、そのつながりを証明しなくてはならないからです。兄弟姉妹で亡くなっている人がいたとすると、その人の出生から死亡に至るまでの戸籍も必要になってきます。